自分に合った製菓専門学校の選び方

自分に合った製菓専門学校の選び方

自分に合った製菓専門学校の選び方 パティシエを目指すのであれば、製菓専門学校に通って専門知識だけでなく、実技の経験を学んでおくといいでしょう。一般の学校を卒業してすぐにお菓子屋さんに就職することもできるのですが、製菓専門学校に通ったほうが即戦力としてみなされます。すぐに活躍したいと考えている人ほど、製菓専門学校に通うことをおすすめします。そこで迷いどころなのが、どの学校に通うったらいいのかということです。
学校の選び方を間違えてしまうと、パティシエになる前に挫折してしまいかねません。正しい選び方を知って、学校生活を満喫してください。まずは、多数の製菓専門学校を比較することが大切です。授業料はもちろんのこと、カリキュラム内容がどうなっているのかを比べるのです。また、卒業生の進路も調べる必要があります。どのようなお菓子屋さんに就職するのかが分かれば、あなたのキャリアプランの参考になります。あなたが憧れているお菓子屋さんへの就職が多い学校を選ぶとよいでしょう。

職場体験やレストラン実習がある製菓専門学校がオススメ

職場体験やレストラン実習がある製菓専門学校がオススメ ケーキやパンといったスイーツ作りを基礎から学べる製菓専門学校は、手に職を付けたい若者に昔から支持されている専門学校です。2年間という在籍期間中に、お菓子の歴史や栄養学などの学科勉強とお菓子作りの実習を凝縮しており効率よく学べるのが特徴です。
また、講師陣は有名レストランの現役シェフが務めていることが多いので技術を磨くには最適です。製菓専門学校では2年次の後半にインターンシップと呼ばれる職場体験学習を用意しています。提携しているレストランで実際にパティシエとして勤務しながら学ぶことが出来るので、学校だけで勉強するよりも遥かに難易度が高くレベルアップが期待出来ます。実習ではお菓子作りだけでなく接客・掃除といったパティシエの本業とは違ったこともしなくてはいけません。
しかし、将来レストラン勤務を行なえば誰もがしないといけない事なので実習で先に身につけておけば率先して行動ができるので現場で即戦力になれます。

新着情報

◎2022/10/19

情報を更新しました。
>製菓専門学校では学習時に作ったお菓子を持ち帰られる
>製菓専門学校を卒業することで得られるメリットは多方面で活躍できること
>製菓専門学校で学ぶことはデメリットがとても少ない学校
>ホテルで働く進路を目指す場合は製菓専門学校がおすすめ
>製菓専門学校の特待生は就職も有利に進められる理由

◎2018/11/2

学校を選ぶ際は教育内容を確認
の情報を更新しました。

◎2018/7/4

パンフレットや口コミを参考に
の情報を更新しました。

◎2018/3/7

自分に合った製菓専門学校の選び方
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

製菓専門学校で行う実習
の情報を更新しました。

◎2017/9/5

快適に利用する際の注意点!
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「学校 体験」
に関連するツイート
Twitter

来週28日は、中小ベリーズとリーグ戦を行います。見学、体験可能です 興味ある方は、遠慮なく勇気をだして😁気軽に見学、体験に来て下さい。 学校にクラブのない、中学生や高校生の方も歓迎です。

返信先:ありがとうございます✨ 極八からは…かなり長い道のりですので💦 気長にプレイしてみます(笑) 私からしたら、ペポボさんの「部活」とか 「学校」ていうワードの方が、キラキラしていて羨ましいです✨ 今しか体験出来ない、日々の学生生活を満喫して…息詰まったら、また体験しましょう😊

こんばんはやさしく→優一です(⁠•⁠‿⁠•⁠)少子化問題もありますけどね!その前にまだ昭和10年代、、昭和一ケタ代の人がいるんですよぅ〜それはね!戦争を体験して学校も行けない、その話はカラオケスナック🎤話しでね!色んな経営者とか年金者とかタクシードライバーさんとか様々ですけどねぇ〜続

膝を負傷すると足を引き摺ることになるの、身をもって体験してる。きっとミはしばらく学校の階段登るの嫌だったよなって思う。

自分の読書体験を振り返ると、「ジャンル」を意識し出したのは高校生くらいで、それ以前は家や学校にある本をひたすら見て回って面白そうと思ったら読む感じだったなと。だから結構「シリーズ」も飛んでたりする。民話や神話の書棚は「何か好きなの沢山並んでる棚」