製菓専門学校で得られること

製菓専門学校で目指せる国家資格とは?

製菓専門学校で目指せる国家資格とは? 多くの製菓専門学校で多彩な資格取得カリキュラムを履修することができます。
そのなかで目指せる国家資格として代表的なのは「製菓衛生士」です。ほとんどの学生がこの資格の取得を目指すことになります。これは製菓に関する知識・技術だけではなく、衛生管理を中心にあらゆる知識を習得するもので、製菓専門学校などの製菓衛生士養成施設(厚生労働省指定)で一年以上学ぶと受験資格が与えられます。
次いで、卒業後受験資格が与えられる国家資格として「菓子製造技能士」試験2級が挙げられます。これは製菓に関して一定の腕前を持っているという証明になり、他の資格を取得する際に一部項目が免除されるものもあります。1級を取得するには卒業後2年以上の実務経験が必要になりますが、将来の1級取得を見据えてカリキュラムを組んでいる学校も存在します。
以上2つの資格は独学だと相応の実務経験が必要になります(菓子技能士1級で7年以上)。製菓専門学校に入学する以上「製菓衛生士」を取得し、いずれ「菓子製造技能士」1級を目指したいものです。

製菓専門学校在学中にやっておくと将来役立つこと

製菓専門学校在学中にやっておくと将来役立つこと 製菓専門学校で学んでいる人は、将来は自分のお店を持ちたいとか、お菓子作りの本場である海外で働きたいなどの夢を持っているでしょう。そのため、製菓専門学校で学ぶことの出来るあらゆる知識や経験を一生懸命習得するわけですが、それ以外にもやっておくと将来役立つことはたくさんあります。
まずは、実際にお菓子作りを生業にしている人の多くと交流を持つことで、人脈を広げておくことです。どの世界でも人脈が広いことは非常に有利に働くため、これを専門学生のうちに少しでもやっておくと、働き始めたときから他の人よりも有利な状態に立つことが可能となります。
自分の店を持ちたいと思うならば、経営のことについて勉強しておくことも効果的です。また、お店の経営における基礎だけでなく、食べ物を扱うお店は衛生面にも気を付けなければならないため、衛生に関する基礎的な知識も必要です。
ただ、製菓専門学校内でも衛生面に関しては気を付けていることが普通なので、自然と身に付くこともあるでしょう。

新着情報

◎2024/06/27

情報を更新しました。
>和菓子の魅力に迫る:製菓専門学校で学ぶ技術と知識
>製菓専門学校の生徒はやはりパティシエを目指しているの?
>製菓専門学校で学ぶ菓子職人に必要な知識と技術
>地方で学ぶ甘い夢実現のための道しるべ:製菓専門学校進学ガイド
>製菓専門学校への通学を検討する方へ送る、参考になるお役立ち情報の提供

◎2022/10/19

情報を更新しました。
>製菓専門学校では学習時に作ったお菓子を持ち帰られる
>製菓専門学校を卒業することで得られるメリットは多方面で活躍できること
>製菓専門学校で学ぶことはデメリットがとても少ない学校
>ホテルで働く進路を目指す場合は製菓専門学校がおすすめ
>製菓専門学校の特待生は就職も有利に進められる理由

◎2018/11/2

学校を選ぶ際は教育内容を確認
の情報を更新しました。

◎2018/7/4

パンフレットや口コミを参考に
の情報を更新しました。

◎2018/3/7

自分に合った製菓専門学校の選び方
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

製菓専門学校で行う実習
の情報を更新しました。

◎2017/9/5

快適に利用する際の注意点!
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「製菓 資格」
に関連するツイート
Twitter

製菓資格証の実技試験を受けてきました。 これから再試験を受けるまでまた接続よくすることができます。 はい、試験の間ずっとフロート君のアングレデイズカバーの特定の部分だけ繰り返して思い出しました。

返信先:やっぱり食関係かな 調理師とか栄養士とか製菓関係 意外性ならフォークリフトとかの重機系とか、あと「はこだて検定」のようなご当地系の資格?なんかも北海道のアイドルならいけるかも。

業務が暇過ぎたので製菓系の資格何かあるかな〜と思い調べてみたが、どれも実務経験必須なので取得不可だったぜ…

めっちゃ久々にいいね付いてびっくり笑 せっかくだから答えまーす笑🤣 一応これでラストにしようかな 24,趣味はコスプレとお菓子作り! 25,資格は簿記とかパソコン、電卓の事務系と 製菓系の資格色々学生の時に受けれたもの大体持ってる〜✌️

自営業をいずれやりたいって目的で 製菓衛生資格取りたいって ずっと思ってきたけど 食品衛生、食材管理ほんと厳しい。 果たしてポンコツの私が自営で 食品衛生保っていけるのか?って思った。 物販だけで稼いでいけないことも 重々わかってるんだけど もう食品に携わりたくない自分がいる←